f:id:rakbaimai2:20170614113148j:plain

家族で初めて京都嵐山に訪れたのは2015年4月、慣れない着物を着て歩くのはとても大変でしたが良い思い出ですね。ひんやりと冷たい風でも吹けば良かったのですが、ポカポカ陽気でとても蒸し暑く、娘は本当に大変だったと思います。

今年2017年で三年連続の京都旅行。僕と妻にとってはワクワクウキウキな滞在です♪京懐石に和菓子を楽しむ日々。お抹茶にオシャレなわらび餅で幸せになる瞬間ですね。きっと娘にとっては『何でこんなに歩くのだろう?』っと来る度に感じるのだと思います。

昨年2016年も6泊7日の滞在中に『嵐山には行こうね!』っと言いながらも次々と歩きたい場所が出てきてしまい、結局行かずじまい。そして2017年『今年こそは美しい竹林を朝一で見よう!』っと新宿駅からの高速バスで京都にやって来ました。初めて家族で乗る深夜バスも中々楽しいです。京都は約6時間半、本当に快適でした。京都駅に5時過ぎに到着、そのままTAXIに乗りまずは僕達がお世話になる『柊家別館』へ行きスーツケースを預かってもらい、そのまま嵐山へ向かいました。ドライバーさんもとても親切で京都の穴場スポットも色々教えて頂きました。

スポンサーサイトリンク


6時半過ぎの竹林です。シトシト雨降りでとても気持ち良い朝、雨が似合いますね。マイナスイオンもたっぷりでした。ゆっくりと散策&写真を楽しむ時間、さすが京都観光名所だけあり、朝も早くから中国人のウェディングフォトプランに4組会いました。プーケットではあちらこちらの場所で撮影をしていますが、まさか嵐山の朝、中国人旅行者&カメラマラン会えるとは思いませんでした。ちょっとビックリ!と言うか、どこでもいらっしゃるんですね。ここタイランドは労働許可書が必要な上にタイ人ツアーガイドが同行義務ですが、日本は問題ないのでしょうか?ふと疑問に思った朝。

5月で7歳になる娘も2015年に訪れた時より楽しんでいます。とは言え、なぜ竹林を歩くのだろう?っと疑問だと思いますけどね。娘にはどのように映るのでしょうか?『綺麗だな~』っと思うのでしょうか?

親子で同じような恰好です。
妻がダウンジャケットを買うと欲しくなり、ブーツを買うとまた欲しくなり、女の子ですね。アクセサリーも同じ物を欲しがります。本当に大変ですが、目の中に入れても痛くないほど僕にとっては可愛い娘です。

娘の成長と共に僕のプーケット生活、仕事への取り組み方も変わりましたからね。ある意味娘に出会えて良かったと思い、そして妻には感謝するのです。

f:id:rakbaimai2:20170614113208j:plain

傘も必要ない程度の雨は綺麗ですね。以前は雨降りは苦手でした。とくにプーケットの雨期5月、6月、7月、お客様も少ない上に雨降りの日々が続くと気分も晴れませんでしたね。


Bamboo forest in Sagano 京都・嵯峨野・竹林 プーケットしまかぜ案内人

ここ3,4年前からでしょうか?雨も綺麗だな~、緑が生い茂る季節、雨の香りも良いものだな~っと感じるようになりました。嵐山の雨、竹林の香りに雨が入り交じりとても良かったです。

f:id:rakbaimai2:20170614113244j:plain

駅で記念写真。まだ人も少なく静かな駅周辺、旅館に滞在すると美味しい朝食の時間を割いてまで中々来れるものではありません。バスで来て正解、そして2018年もまたバスで来る予定です。はい、ここ嵐山へ