こんにちは。

ホクショー商事 小道具係りです。

 

先日、幕張メッセにドローンを見に行く機会がありました。

かなりその一角は込み合っていました。

 

f:id:hokusho:20150522193422j:plain

 

 何かと話題のドローン。

やはりそこには色々な人種が集まってきます。

 

まず、メーカーの人間。

売っている側や開発もそうですが、明らかに同業さんですよね。。

と言うくらいににおい立つたたずまいの方も。

 

また、ユーザーになりえるであろう人たち。

企業も多ければ、個人的に興味があるであろう人たち。

 

ほかは、メディアやプレス。

面白かったのはユーザーになるであろう人たちの質問。

 

60歳の半ばであろう初老の男性の質問

   「これってどっちが前なの?」・・・確かに!!

今は様々な形のドローンがありますが、基本的には”業務用”な形状。

 

顔もないし、翼もない。(今は翼を持つドローンもあります)

質問を受けたスタッフもそんな質問が来ると思わなかったのか

「えっ・・いや、そういった概念ではなく・・モニョモニョ・・・」

 

仮に自分がドローンを飛ばしたとして、どっちが前なんて

飛ばしてから慣れていくものだと勝手に思ってしまっていた私。

 

「うーん」私もスタッフと同じく唸っている。

結局、質問をした初老の方もいまいち腑に落ちていないご様子。

 

私も後ろ髪を引かれる思いのまま、次のブースへ。

おっ!ドローンを分解して説明をしている。

 

コレは面白い。

プロペラ部分やレシーバー部分など、以外と言うかやはりと言うか

結構部品数は思ったより少ない。

 

そこで発見!!

f:id:hokusho:20150522193205j:plain

分かってはいたが、ベアリングが部品として使われている。

少し見えにくいが、写真に収めてみた。

 

よく見えなくて、特定することは出来なかったが

やはりベアリング。こんなところにまで顔を出しているとは・・

 

チラリと時計を見ると、時間が来ている。

本日のメイン。「実演」の時間がもう3分後を示していた。

 

急いでいただいたパンフレットをバッグにしまい、

ベストポジションを探しに行く。

 

思った以上だった。。

話題のドローンはプレス、ファン、業者をベストポジションを狙うもの全てを

そのプロペラでシャッフルしたように既にカオス状態となっている。

 

そんな中、私も遠慮しながらもぐいぐいと前へ。

”ジャスト”だった。

私が付くと同時に勢いよく回転しているプロペラはその揚力で機体を持ち上げる。

 

フワフワと少しよろけながらと言う表現が正しいのだが

2メーター、そして3メーター上空へと自らを持ち上げる。

 

右へ、左へと数回繰り返し様々な説明をマイクで言っているようなのだが

人々の目と耳、そして心はドローンと共にある。

かろうじてプレスは違ったようだ。

 

写真と動画を彼らの商売道具に納めるとすぐにその場を引き上げる。

フレッシュな情報をネットで流すのだろう。

 

彼らが立ち去ったスペースにすっと体を入れ、どこかネットか雑誌に

使われるであろうドローンの構図を私もいただく。

 

f:id:hokusho:20150522193337j:plain

 

 

あっという間にその時間は過ぎ、ドローンの着地と共に

人々のテンションも下がっていく。

 

しかし間近で見るドローンは非常に可能性を感じた。

今後はアイデアビジネスで規制の隙間を飛行していくのだろうとも。

 

とはいえ、話題のドローンにもベアリングは使われ

そして、今後もお茶の間に話題を提供するために回転をするのだ。

 

 

----ベアリング・バルブなら----------------------------------------
        ホクショー商事

〒920-0059 石川県金沢市示野町イ6番地
(TEL) 076-267-3115
(自社URL) http://www.hokusho-shouji.co.jp/

ホクショー商事 ヤフー機械要素店
(URL) http://store.shopping.yahoo.co.jp/hokusho-shouji/
メールアドレス: hokusho_shouji@yahoo.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------

7/19、山形県山形市、らー麺 Do・Ni・Boに行ってきました。


f:id:kazu_ma634:20140921212641j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20140921212642j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20140921212643j:image:w400
Ni・Bo・しょーゆ・DX(U・Ra煮干し)
店名からもわかるように煮干ラーメン専門のお店。
以前は名のないぅ旨店 山形南原町店だったが、リニューアルオープンした。
山形では朝ラーができる数少ないお店。
しかも朝ラーの時間帯、さらに煮干が強めのU・Ra煮干しを注文できる。
煮干が好きな人にはおすすめだが、逆に煮干系以外のラーメンはないため注意が必要。



らー麺 Do・Ni・Bo - 山形/ラーメン [食べログ]

challenge!!

2018/12/20

みなさーん!聞いて下さい!!

きのう帰宅後、「国産黒毛和牛」が当たりましたー。

嬉しい☆ヤッタ☆今年はいける☆の3拍子でした。笑

 

とゆうことで、本題に、

 

 

appleの今年のスローガンは

「challenge~挑戦」です。

f:id:hokusho:20160118145024j:plain

 

昨年3月にyahooストアをオープンして、もうすぐ1年になります。

今年は軌道に乗せるために最も力を入れないといけない年だなと

感じています。

 

ネット販売なので、pageを通してになりますが、

お客様に価値を伝えることだったり、考えたアイデアなど、

失敗を恐れてしないのではなく、

全てのことを思いっきりやっていければと思っています。

また、失敗も糧にして成長していけたらなと思っています。

 

appleは日頃

人にだったり、全ての物事において常に感謝すること。

を頭の片隅におきながら行動するようにしています。

人って1人じゃ何もできませんものね。

人と人がつながって、支えたり支えてもらったり、

そうして日々過ごせるものだなーって思います。

感謝×感謝です。

このことも忘れずやっていこうと思います。

あとは地道に努力するのみですね。

 

----機械部品・工作機械・工業用資----------------------------------------------------------------------
   機械工具専門商社 ホクショー商事

〒920-0059 石川県金沢市示野町イ6番地
(TEL) 076-267-3117
(自社URL) http://www.hokusho-shouji.co.jp/

ホクショー商事 ヤフー機械要素店
(URL) http://store.shopping.yahoo.co.jp/hokusho-shouji/
メールアドレス: hokusho_shouji@yahoo.co.jp

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

9/14、青森県西目屋村、津軽ダムに行ってきました。
ちょうど1年前に見学会に行った場所です。


f:id:kazu_ma634:20141109211237j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20141109211238j:image:h400
時刻はAM4時。
眠い目をこすりながらの遠くからの見学です。
コンクリートの打設は完了し、ダムの形はできています。
24時間体制で工事が行われているため、夜中にやってきたわけです。


f:id:kazu_ma634:20141109211239j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20141109211240j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20141109211241j:image:w400
正面から。
アップしてみると、工場みたい?


f:id:kazu_ma634:20141109212744j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20141109212745j:image:w400
後ろ側に回ってみました。
ダム湖になる側ですが、まだ完成していないので、水は溜まっていません。
下側にちょっと水が溜まっているように見えますが、これは目屋ダムのダム湖。


f:id:kazu_ma634:20141109212746j:image:w400
見づらいですすが、これが目屋ダム
津軽ダムが完成すると水没します。


f:id:kazu_ma634:20141109212747j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20141109212748j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20141109212749j:image:w400
写真撮ってたら、いつのまにか明るくなってしまった。(AM5時)


f:id:kazu_ma634:20141109212750j:image:w400
津軽ダムの展望所があるが、AM8時から開門。
一旦仮眠をとって出直すことに。
次に続きます。

{[PAC12^LIVE]}^*UCLA vs Colorado Live Streaming.. NCAAF..2015 ..Oct..31..Online..TVCast : HbNNz

「下手くそな私なんかが、活けて来ちゃうけど、ごめんね。」
って言われちゃって、どういう返事をしたらいいのかわからなくて、しばしお籠りしてた。

 

基本的には、受けとめる必要のない言葉だと思ってるんだけど、
この人が本当に伝えたかった想いって、どういうものだったんだろう?って考えてみてた。


①「あーたが活けに行かないから、私がやらなくちゃいけなくなっちゃったじゃないの。」

②「あーた、私のことを下手っていう区分けに入れたら、どうなるか覚えておきなさい。」

③「とりあえず、困らせてみたかっただけ。」

④「あーたに向かって言ってるわけではないの。聞き耳たててる第3者に聞かせてるの。」

 

って、これ以上でてこなくて、モンモンとしてたわけ。
よくわからんのだけど、しっくりくる回答が思いつかない。

 

 

でね、氣づいた。

 

 

これは、WANA?

 

私、モンモン作戦に、まんまとひっかかってる?!みたいな。

 


想像上の動物の生態系を調べる、みたいなことやらかしてる自分に氣づいた。

 


楽しくないモンモンバトンは、受け取る必要ないもんね。

 

 

 

んでもさ、氣の効いた返答は、してみたい。

華麗なるターン。


誰か代わりにプリーズ♪

sai-zen-sen.jp

Web上で全話読めるのでもう何も言うことがない。
(単行本はおまけ話が増える)

最初数ページだけ見ると「あーこういうやつね」となりそうなのであるが、アリガチな設定の割には着実に話が前進するのでその前進の仕方が非常に上手い。

次の話になった途端リセットボタンを押したような逆行をするラブコメは見習ってくれという感じだ。

世紀またぎの5年分は どこをとってもお宝

f:id:hibi-mae:20160622155231j:image

なんか引き寄せられる。こういう場所に。

Photo:岡山県

ブログずいぶんとさぼっていたので、久々のエントリーです。
本日12/10にオラクル青山センターで行われたDevLOVE Hanger Flightに行ってきました。(というか当日裏方として。)
第1波から第3波まで、ビデオ撮影していたので、マインドマップ書いてないのですが(ビデオに気をとられてしまう。。。)、第4波の @daipresentsさんの講演はマインドマップ取れたので公開します。

f:id:dproject21:20111210172153j:image:w640

話の大筋

楽天の新サービス開発を行うにあたって、@daipresentsさんがアジャイル手法を取り入れて行った。
チーム内で共通認識を作ったり、チーム内のコミュニケーションの活性化、WikiやYammer、タスクボードなどのツールを使って開発を行った。勉強会にも連れて行った、
そうやって開発をしているなかで、スピード感のある開発が出来て楽しかった。また、皆が全体を見ての開発が出来ました。

新サービスリリース後、Takao Okudaさんが中心を引き継いで、「俺たちもやろう!」ということで、アジャイルサムライ読書会をやったり、朝会やかんばんを使った開発を引き続き行った。
しかし、いつしか朝会は無くなり、かんばんの更新は止まり、ふりかえりもなくなり、CIは赤いまま放置されるという事態に。結局変われなかったと。

そうした経験を踏まえて今後につなげていきたいこと・いまやってることとして、
見える化から見せる化。マネージャとかにデモやふりかえりに参加してもらう。
一人でもアジャイルをやっている。一人でかんばんをやっていたり、リリースすごろく作ったり。
一人でタスクボードを作ってやっていたら、周りが見に来て議論初めてニヤリとしたり。
新しいチームでも、アジャイルのコーチングをやったり。

そうして、俺たちのアジャイルは始まったのだという話でした。
(細かいところ間違っているかも。)

学ぶべきこと

いまこうして振り返ってみて、@daipresentsさんに聞きたいのが、アジャイルをやるのにどれだけの根回しをしたのかということ。
実際、アジャイルやりたいと思っても出来てない現場って多くて、そういった現場に、どうやって周りを説得していったのかという話を聞ければなぁと思う。
まぁ、聞いても自分がアクション起こせなければいけないんですが。

それでも、こうやって「アジャイルはじめました」って話を聞くとやっぱり勇気もらえるなぁと。

まとめレポート

まとめ職人@shinyaa31さんのレポート。いつも細部までしっかり書かれたレポートありがとうございます!
『DevLOVE HangarFlight -Snow Barrage-』に参加してきた #devlove #devlove1210 - Shinya’s Daily Report

Togetterもまとめていただいています。
2011/12/10 DevLOVE HangarFlight - Snow Barrage - #devlove #devlove1210 - Togetterまとめ

@toshiponさんもレポートを書かれています。
Not found